妖怪ウォッチ3:ボス「ヤーメルン邪先生」の弱点・攻略のポイント、攻撃方法まとめ

      2016/11/22

妖怪ウォッチ3のジャポンのボス「ヤーメルン邪先生」は、「ボクの学校へヨウコソ」と生徒をたぶらかす先生ボス!?

ヤーメルン邪先生が出現するサンセットモールのドルフィンカフェの画像

ここでは、イナホ編で2番目になるボス:ヤーメルン邪先生の攻撃方法や攻略のポイントについてまとめていきます。

ヤーメルン邪先生とは?

ボス:ヤーメルン邪先生の画像

モチーフであろうハーメルンの笛吹きは、笛の音色で子供達を操って洞窟へ連れて行き、多数の子供達と共に自分も洞窟の中に閉じこもってしまうという怖いエピソードがあります。

魔性の笛の音色の特徴を覚えることが、ヤーメルン邪先生攻略のポイントになってきます。

攻撃方法と対処方法

みがわり音符ちゃん
ヤーメルン邪先生の周囲に、攻撃を身代わりになって受けてくれる6つの音符を生み出す
普通に攻撃していてもラチがあかないので、ヨコツナギを使った追撃で、ガンガンみがわり音符ちゃんを消していきましょう。
耳邪わりな音
単体に40前後のダメージを与える攻撃。
帰るん邪
当たった妖怪は、強制的に控えの妖怪と交代する
また、帰った妖怪は待機時間が3倍程に延長されている。
あふれる邪音
縦一直線の範囲攻撃。
皆々さまようん邪
笛の音色に操られて、縦一直線に並ばせられる。
タテツナギでは、みがわり音符ちゃんとの相性が悪いので、すぐヨコツナギに変えましょう。
あやつり人形邪
1体だけ妖怪を強制的に移動させて、タテツナギやヨコツナギを崩す。
耳邪わりな音
単体に40前後のダメージを与える攻撃。
こんらんするん邪
笛を吹いて全体を混乱状態にする技。
取り憑かれると味方を攻撃してしまうので、とりつき無効のスキルを持つ妖怪がいると戦いやすい。

ヤーメルン邪先生の弱点・攻略のポイント

ヤーメルン邪先生の弱点は土属性です。
弱点を狙える妖怪がいれば、ガンガン狙っていきましょう。

攻略のポイントとしては、やはり「みがわり音符ちゃん」をいかに早く消してしまうかというところ。
タテツナギで戦っていると非常に時間がかかるので、ヤーメルン邪先生とのバトルは、基本ヨコツナギをメインに戦いましょう。

スキル「きせきのりんぷん」を持った、<ぜっこう蝶>や<ゼッコウ蝶>、
スキル「おれないハート」を持った、<しゃれこ夫人>などがおすすめです。
これらのスキルを持った妖怪たちは、敵のとりつくが効かないので、混乱状態にする技を
使ってくるヤーメルン邪先生にはピッタリだと思います。

いつもご意見&情報提供ありがとうございます。
コメント欄は情報提供&情報交換の場としてご利用下さい。
※ 他者への誹謗中傷や、公的良俗に反する内容はお控え下さい。

妖怪の交換はコメント欄ではなく、コチラの妖怪交換掲示板で行って下さい。

情報提供して頂ける時に画像もある場合は、http://fast-uploader.com/にアップした後、「URL」をコメントで教えてください。

↓コメントを書く(入力フォームへ)↓

コメント一覧

  1. 松本 より:

    倒せないです

  2. じゅんた より:

    どのようかいで

    • かのにゃん♪ より:

      スキル「きせきのりんぷん」を持った、<ぜっこう蝶>や<ゼッコウ蝶>、
      スキル「おれないハート」を持った、<しゃれこ夫人>などがおすすめです。
      これらのスキルを持った妖怪たちは、敵のとりつくが効かないので、混乱状態にする技を
      使ってくるヤーメルン邪先生にはピッタリだと思います。
      このコメントが役に立つとうれしいです。

      • soul より:

        ありがとうございます、追記させて頂きました。

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)